腹横筋を鍛えて腰痛予防!

こんにちは!! なごみ整体院の杉本です。

 

本日もよろしくお願いします。

 

今日は、腹横筋についてお話していきたいと思います。

 

腹横筋とはインナーユニットの一つで、腰の周りにコルセットのようについている筋肉のことです。

 

 

 

 

 

 

インナーユニットでは、腹横筋の他に「多裂筋」「横隔膜」「骨盤底筋群」で構成されますが、これらは単体で動くわけではなく、

お互いに拮抗しながらまたは共同しながら動いていきます。

腹横筋は、お腹の内圧を高めて体幹の安定を主に行う筋肉です。よって、体幹を安定させることによって腰への負担が減ります。天然のコルセットのようなものです。

 

このインナーマッスルである腹横筋を鍛えるのに大事なのは呼吸です。呼吸を意識的に行なうと腹筋に効果的に刺激が入ります。

それの代表的なエクササイズが、「ドローイン」という種目になります。

みなさんもご存知のエクササイズかもしれませんね^^

息を吸うときにお腹を引っ込めるというエクササイズになります。これは、日常生活でも簡単にできますよね・・

他にも、ほかのインナーマッスルを使う事によって腹横筋を連動できることができます。「ヒメトレ」「ストレッチポール」などを使って行えますよ!!

是非試してください!!

 

本日もブログを読んでいただき誠にありがとうございます。

 

なごみ整体院 杉本