脊柱管狭窄症と診断され、症状が改善しなくて悩んでいませんか?

こんにちは!

なごみ整体院の荒川です。

本日もよろしくお願いします。

体に痛みが出た、しびれが出てきた、不調の際は皆様はどこにかかるでしょうか?

まず、第一選択肢として出てくるのは病院だと思います。
しかし、病院で診てくれるのは、痛み・しびれの場合まずはレントゲンを撮り、その後処方箋やリハビリが始まると思います。
しかし、多くの方がそうした治療受けても改善しない…。
そうした治療を受けても変わらない場合、当院で対応しています。
脊柱管狭窄症は、そのままにしておいても良くなっていくことが難しく、年々歳を重ねるにつれて悪化していくことの方が多いです。

 

 

                      

 

 

 いろいろな治療院で良くならなかったものがなぜ良くなるの?

 

病院ではレントゲンを撮り骨を骨の上を見ることがほとんどです。
しかし当院の治療院では、痛みのの原因をしっかり見つけ、施術を行っていきます。この痛みの原因を見つけることが非常に大切です。
いろいろな治療院に行ってよくならない原因として多いのが、原因がはっきりしないまま施術を受け一向に改善しない・・。または改善してもすぐに症状が戻ってしまう・・そうした患者様がたくさんおられます。
その状態が続くとこの体と一生付き合っていくとか、もうどこに行っても無理なのかなどいろいろ 不安になることも多いと思います。そのいろいろ悩んでいる痛み・しびれはもしかすると当院の「根本施術」を受けることにより改善が可能かもしれません。
病院で改善しない症状も諦める必要がなくしっかり取り組んでいけば治る可能性が大いにあります。

 

具体的にどのように施術していくのか

 

まず当院独自の検査方法を行い、痛みの原因をしっかりと突き止めます。
その原因は自律神経から来る場合、体のゆがみから来る場合、痛みとは関係ないところの筋肉が硬くなってなってくる場合など多岐に渡ります。
特に多いのが筋肉のコリが原因で、脊柱管狭窄症に近い症状を出すことがよくあります。
こうした場合その筋肉のコリを改善しないとなかなか調子は良くなりません。
そうした検査を行い患者様一人ひとりの体の原因を突き止め、施術計画を立てていきます。そして施術歴16年の経験から、患者様の体調に合わせ、整体・鍼灸・矯正を行い元の体に戻していきます。
こうした筋肉のコリや、自律神経系の問題、体」の歪み等を見つけるにはレントゲンやMRIなどでは発見することができません。
1番大切なのは経験と、その悪い原因を見つける感覚が大切になります。

 

先日、脊柱管狭窄症の方が来られました

 

先日も脊柱管狭窄症と診断され、いろいろな治療院やリハビリを受けたが改善しない患者様が来られました。
この患者様は、坐骨神経痛の症状が強く出てきている状態で、1年前より痛みの症状がだいぶきつくなってきているため、確認したところ自律神経の乱れから症状が強く出ている状態でした。
脊柱管狭窄症も慢性にになれば、痛み・しびれ+自律神経の乱れから痛みしびれが余計に強く感じることが多々あります。
そして脊柱管狭窄症の多くは体の歪みを起こしています。こうした体の歪みをしっかりと確認し整えることにより姿勢を改善し、脊柱管狭窄症の症状が安定し、安定した状態から戻らないようにしていきます。

 

 自宅でのケアも大切にしています

 

施術を行うと同時に大切になってくるのはご自宅での体のケアです。
当院ではそうした自宅でのケアの方法、日常生活で気をつけた方が良い習慣などの指導をさせていただいています。
座る姿勢・歩く姿勢・そうしたところに少し気をつけるだけでも、日常足腰にかかってくる負担はだいぶ変わってきます。これについては知っているか知らないかの違いなので、アドバイスさせていただくだけで日常生活が少し楽になったと言うこともよく聞きます。

 

 重症化してしまった脊柱管狭窄症をお持ちの方にお伝えしておきたいこと

 

当院にこられた重度の脊柱管狭窄症でお悩みの患者様が、100%原因がつきとめられ良くなっていくかと言うとそうではありません。
慢性化すればするほどいろいろなところに原因があるので特定するのにも数回かかることがあります。しかしいろいろな治療院でなかなか治らなかった患者様は原因が特定することができれば非常に改善率もよく通院していただいています。
たとえ病院で改善しない、原因がわからなくても当院は諦めずに最後まで患者様の原因を見つけ出し向き合うようにしています。
だからこれだけは覚えておいていただきたいこがあります。
1回や2回で治らなかったら・・病院で手術しかない、もう治らないと言われてもあきらめないことを覚えておいてください。諦めてしまうとそこで改善はストップしてしまいます。そのことを知っていればいつかはちゃんとした原因が見つかり、今より体の動きが良くなり自分の足でしっかり歩ける将来が待っています。
そしてその原因を見つけ体を元の状態に戻していく役目をさせていただくのが「なごみ整体院」の役目になります。

脊柱管狭窄症でもう諦めて治らないとあきらめる前にいちどご相談ください。

 

患者様の声

手術しかないと言われた脊柱管狭窄症  70代女性   H.K様

脊柱管狭窄症と言われ(整形外科で)、もう手術するほかはないと言われ、あちこち整体とか行ったが治らず、腰・太股の後ふくらはぎがつっぱて、数分しか歩けない状態でした。

手を上に伸ばすと腰から下につっぱりが起きてました。

整形外科や他の整体は、狭窄症の元を治療しようと腰ばかり治療してたが、こちらは痛い所をハリと整体で施術してくださり、今では長く続いた痛みを忘れてしまいました。

予約制なので、時間にくればすぐに施術していただけるのが良い。

歩行が辛そうにしている方を見ると、声をかけたくなります。

あちこち病院や整体・整骨院に行って治らなかった方、ここで施術していただいて、少しでも早く良くなられる私のように元の生活に戻れるように頑張ってください

※個人の体験談であり効果を保証するものではありません