出産後の腰痛~長期化にならないように注意しましょう

こんにちは!!杉本です。本日もよろしくお願いします。

さて、今回も産後のお話です。産後の腰痛についてですが、腰痛は長期化する場合が多々あります。特に上のお子さんがいて下のお子さんがいる場合、お母さんの体には常に負担がかかっています。妊娠と同時にホルモンバランスが崩れ、骨盤も出産に合わせ変化していきます。それと同時にお腹が出てくるたびに腰への負担も増加し、出産後も毎日子供さんを抱っこしながら育児・家事を行う為、体にかかる負担はかなり大きくなります。

そうしたお体の辛い状況での日常生活が続くと、精神的なストレスなどにより育児・家事が大変に感じるようになります。それぞれのお母さんによって、心や体への負担は変わってくると思いますが、出産が大変だったママの方が腰の痛みが長期化する傾向にあります。特に上のお子さんがいる場合は、出産後から体を休めながらの育児は大変難しく、出産が終わり自宅に帰られてからはほとんど休むことなく、育児・家事をされているのではないでしょうか?

出産後の腰痛改善に最も効果的とされているのが、骨盤周囲の状態を安定させることです。骨盤は体の軸となり、骨盤が歪むと腰痛の原因、肩こりの原因、体の疲れの原因などにつながります。出産後ホルモンバランスが崩れ、骨盤が開いて、出産後徐々に戻りますがその時に骨盤の矯正を行うことにより骨盤の締まりが良くなり体の状態も安定していきやすくなります。

当院では出産後の腰痛・肩こり・シェイプアップに特化した産後矯正を行っており、産後のママがたくさん来院されてます。出産後に腰痛・肩こり・体重が戻らない等でお悩みの方がおられましたら一度ご相談ください。小さなお子様がおられても当院では産後矯正専門の施術室を設けておりますので、安心して来院できます。詳しくはホームページにある産後矯正の特設ページをご覧ください。

本日も、当院のブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

なごみ整体院 赤川院 院長  杉本 達哉