有酸素運動と無酸素運動の違い

こんにちは。

なごみ整体院の杉本です。本日もよろしくお願いします。

 

今回は、有酸素運動と無酸素運動の違いについてお伝えしていきたいと思います。

有酸素運動は主にウォーキングやジョギングなどの比較的長時間行える強度の低い運動となります。

反対に無酸素運動は、筋力トレーニングや100メートルダッシュなど短時間で終わる運動になります。

当院で行う加圧トレーニングは無酸素運動よりとなります。

 

無酸素運動は運動している時は、脂肪はあまり代謝されませんが、運動が終わった後に代謝が高く保てることが分かっています。筋力トレーニングをすると脂肪が代謝されやすい身体になるということですね。

反対に、有酸素運動は強度にもよりますが、脂肪を優先して代謝させてくことになりますが、有酸素運動が終わった後の代謝が高くなるということはあまりありません。

当院では、この無酸素運動(加圧トレーニング)と有酸素運動(バイク)を併用して、エクササイズをしていきます。運動になれている方なら、HIITトレーニングをいう無酸素運動と有酸素運動が混合したトレーニングを行うこともあります。

もちろん、栄養面も大事なので一緒にサポートさせていただきます。

本日もブログを読んでいただき誠にありがとうございます。

なごみ整体院 院長 杉本 達哉

 

荒川 担当

整体

美容鍼

杉本 担当

産後矯正

加圧トレーニング

TRX