つらい腰痛の捉え方

こんにちは。なごみ整体院の荒川です。

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、年明け最初に患者様に多いのが、正月の長い休みで腰痛が出たというお話をよく聞かれます。

 

腰痛が長期化すると気持ちや考え方までマイナスの発想になることがありませんか?

 

本日のブログは少し腰の辛さの捉え方を変えてみませんか?と言う内容になっております。

腰痛が辛いと何も考えれない・将来が不安などのお声が多くあります。

 

しかしよく考えてみてください。

 

なぜ腰の症状が改善しないのか…。

 

当院には沢山色々なところに通ったが良くならなかった腰痛の患者様が来院され

ています。いろいろな病院に行った、整骨院や整体に通ったがなかなか改善し、

患者様に共通すること、それは『深い悩みを持っている』事です。

 

このような方はそれまでになぜ治らなかったか?

それは腰の辛さの根本的な【原因】を突き止めずに治療してきたことが考えられます。

ではなぜその【原因】を見つけるのが大切なのか。腰痛の原因としては色々なことが考えられます。

肩こり・腕の疲れ・足の疲れ・冷え・・・そうしたものが日頃蓄積され、腰痛

を引き起こしていることが多々あります。

 

そうした方は、いくら腰を治療してもなかなか改善しません。

 

当院では初回のカウンセリングで特殊なな評価を行うことによって、【原因】を突き止めます。

その評価を行ってから施術を行うと、今まで色々な所に行ったがなかなか改善されない腰痛が軽減します。

現在もそうした体験をされた方がたくさんご来店されております。

 

この施術をいちど体験してみたい方はぜひいちど施術体験を行っていますのでご相談ください。

 

 

本日も、当院のブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

本年も皆様の健康をサポートできるように参りますのでよろしくお願い致します。

なごみ整体院 代表 荒川和貴