EMS(インデプス)で腰痛改善!!

こんにちは。なごみ整体院の杉本です。

本日もよろしくお願いします。

 

今回は、当院でも大好評をいただいている機械・・・

 

EMS機器 (インデプス)

 

についてお話させていただきます。

 

 

EMS自体は、テレビでもCMとかで放送されているので、認知度も高くなってきていますよね。。。

 

みなさんもご存知の方も多いと思います。

 

そもそもEMSという機械はなんなのか? それは↓↓

 

E Electrical   M Muscle               S    Stimulation

 

の略で、日本語に直訳すると

 

電気的筋肉刺激装置

 

となるものです。

 

では、どういう機械なのかというと・・・

 

普通の筋肉は、脳から指令がでて筋肉を動かしているのですが、この機械によって

 

脳の代わりに電気を流し、筋肉を刺激させる機械です。

 

なので、自動で筋肉を動かせる、つまり鍛えられるということです。

 

当院でのEMS機器は、CMで放送しているモノとどう違うのか・・・

 

それは様々な深さや種類の電気を、流せる事に利点があります。

 

これは大きな特徴なのです!

 

CMで放送されているEMS機器は、いわゆる低周波の電気を流して、深さ3~5ミリ位のとこまでの筋肉を刺激することができます。

 

一方、当院のEMS機器は、上記の低周波(3~5ミリ)の深さの電気を流せることはもちろんですが、

 

皮下12~15センチ程度まで届く電気を流すことができます。もちろん、これは最大の深さであり、

その方に適した深さの電気を組み立てて流すことになります。

 

なので ↓↓↓

 

 

体内の奥深くの筋肉まで電気を通すことができるのです。。

 

よく耳にする言葉、(インナーマッスル)にも刺激が伝わるので、

 

寝ながら鍛えることができます!!

 

インナーマッスルは、巷ではお腹周りの事を指すことが多いですが、筋肉というのは何層にも重なっていることが多いので、お腹だけにあるということではありません。ですが、お腹のインナーマッスルはとても重要な筋肉です。

 

腹部のインナーマッスルは、背骨を正常な位置に安定させたり、下半身の力をうまく上半身に伝えたりするパイプの役目も果たします。姿勢の維持に大きく関わる筋肉です。

 

当院で受けられている患者様でも、この機器を使っていく内に腰の痛みがマシになっていく方が多いです。

 

よく腰痛予防で腹筋を鍛えなさいと言われることが多いと思います。しかし、腹筋を鍛えるのって中々できないですよね・・・

 

そこで、この機器を使うと、寝ながら腹筋やその奥のインナーマッスルを鍛えることができます。

 

当院では、体験会を随時行っておりますので、一度ご相談ください。

 

 

本日もブログを読んでいただき誠にありがとうございました。

 

なごみ整体院 院長 杉本