こむら返りと腰痛との関係

本日のブログはこむら返りについてです。最近寒くなってきて、足がよくつると言う話をよく聞きます。こむら返りは誰にでも起こり起こると軽度から重度まで症状は様々です。

いろいろこむら返りになる方を多く見ていて思うのが慢性腰痛がある方によくこむら返りは起こっています。腰が痛いため運動ができない、運動不足になり足の血液循環が悪くなることによって足がつることが多くあります。そして足がつるから動くのが辛い為、体を動かすことが少なくなる。こうした悪循環が慢性的にこむら返りがおこる原因になります。そしてこむら返り坐骨神経痛の方や脊柱間狭窄症の方にも多く見られ 足がつるからと言って痛いところばかりせずつをしていると坐骨神経痛脊柱管狭窄症からきてる場合はなかなか改善しません。そうした場合はしっかりと原因を特定してから施術を行うことが必要となります。

こむら返りを放置すると足が痛いだけではなく腰の悪化にもつながりますので、軽視してはいけません。こむら返りの場合は痛みがある程度すると落ち着くため、あまり気にされてない方もたくさんおられます。しかし、それを改善しないと体が歪み、腰痛が悪化し、さらにこむら返りが起こりやすくなるといった悪循環が発生しやすくなるため、早期に「原因」をみつけ、早期に「施術」を行う必要があります。もしそうしたことでお困りの場合は一度ご相談ください。

本日も、当院のブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

なごみ整体院  荒川 和貴

クーポン