なぜ産後矯正が必要なのか?

すっかり涼しくなり皆さんいかがお過ごしでしょうか?

なごみ整体院の杉本と申します。

今回は産後矯正はなぜ必要かについてお伝えしていきたいと思います。

お母さんの体は子供がお腹に誕生した段階で骨盤の傾斜が変わります。これはホルモンバランスが崩れ、お子様がお腹に誕生した段階で体の体型にも変化が現れ腰に負担がかかりやすくなることから出産前から腰が痛くなっている方も多いと思います。
出産後、骨盤は自然に閉じていくこともあります。しかし出産前に腰に負担がかかってたり、産後の不安定な時期に無理をしたり骨盤の開きが大きく傾きがあったり歪んでたりすると閉じ方に問題が生じ、それが後々腰痛の原因になったり生理痛の原因になったり、肩こりの原因になったりすることがあります。しかもそうした症状が出てきてもお母さんは母乳をあげながら長い時間座ってたり立ってたりすることがとても多いです。

しかしその時期が過ぎるとお子さんの体重は増える・・・抱っこの時間が多くなる・・・この時期に腰痛肩こりきつくなり、飛び込んでこられる方が本当に多くいました。

当院では出産後の患者様を多く見てきてそうした悩みで困っている方が多かったのでまずはしっかりと産後骨盤矯正をすることが大切だと思い立ち上げました。
 産後骨盤矯正をすると正常な状態で骨盤が閉まります。そうすることによって子育てで1番大変な2〜5歳の間の子育てが楽しく充実して送れます。

産後矯正で一番骨盤が正常に戻りやすいのは産後1〜6ヶ月の時期です。その期間を見過ごしてしまうと産後矯正の効果も半減しますので、ぜひ骨盤周りのじん帯が緩んでいる状態の時に体をできるだけ正常な状態に戻してあげてください。
当院ではお母さん・小さいお子様がリラックスして施術を受けれるように完全個室の施術室でしっかりと短時間で施術効果を上げていきます。出産後、腰の痛み体型の変化、肩こりなどに悩まれている方はぜひいちどご相談ください

本日も、当院のブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

なごみ整体院 院長 杉本 達哉