脊柱管狭窄症で手術しかないと診断を受けました…

最近涼しくなってきましたね。
季節の変わり目は体調の崩しやすいシーズンになるので体調管理気をつけてくださいね。
本日のブログは、「脊柱管狭窄症で手術しかないと診断を受けたけど何か良い方法はないですか?」との思いで来院された患者様についてです。
その方は脊柱管狭窄症と診断され、手術しかないと診断が出てどうしていいかわからずインターネットで当院のことを知り来院されました。

最近、脊柱管狭窄症と診断されても症状を緩和させて欲しいということで来院される方が増えてきました

来られた際は、「もう手術しかない」病院からはそれしか言われないから、頭の中は、手術しか選択肢がないともう諦めている状態でした。
しかし当院で行っているのは、脊柱管狭窄症と診断されても、その他に原因があることが本当に多いので、その「本当の原因」を見つけ、施術する事によって症状を軽減させます。
その方法で、手術しかないと言われた方でも、多くの方が他のところに原因があることが多く原因がわかると症状も緩和されます。
当院で施術が終わった時には痛みは残っているけど、以前と比べると全く楽にはなっていると喜ばれてました。最初のカウンセリングでは、手術しかないと言われて落ち込んでましたが、帰りにはだいぶ歩きやすく、いつもこういう風に歩きたいですねと話をして帰られました。
しばらく施術のほうに通われる予定なので、経過のほうはブログで連絡したいと思います。
本日も、当院のブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

なご整体院 代表 荒川 和貴