坐骨神経痛を肩甲胸郭関節調整、骨盤調整で改善

おはようございます。

本日も、当院のブログを読んでいただき本当にありがとうございます。なごみ整体院 代表 荒川です。

先週の月曜日から腰痛専門整体の体験会を実施しましたが、非常に多くの方にご来院いただき本当にありがとうございます。

ご予約が満員になりましたので、腰痛専門整体の体験会は終了とさせていただきます。

今回は昨日整体を体験したいと、坐骨神経痛の患者様がこられたので、その件について投稿させていただきます。

その方は、今までに病院で坐骨神経と診断を受けてから、リハビリ、整骨院、鍼灸院などに通院しているが、なかなか症状が改善されないので今回体験に来られました。

今回体験会をやって思ったのですが、坐骨神経痛の症状で悩まれている方が非常に多く、この症状を何とかならないかと受診される方が多かったです。

当院で考える坐骨神経痛は、骨が原因で、神経が圧迫されてるものの改善はなかなか難しいが、周辺の筋肉が硬くなったり、関節の動きが悪くなったりして坐骨神経痛の症状が出てくるものに関しては改善されることが多くあると考えています。病院で坐骨神経痛と診断されても周辺の筋や関節が原因で坐骨神経痛の症状を出してることが非常に多くあります。

このような方は、病院では治らなかった坐骨神経痛の症状が、当院の独自評価により、原因箇所を特定し、施術すると非常に坐骨神経痛の症状が改善されます。

今回の患者様の症状は、座ってても、立ってても左腰から足(太ももの後・ふくらはぎの後)に痛みがあり、数分歩いたら左の腰から足が痛くなるとの症状でした。来られた際も足が痛く、左の足に力が入りにくいとの事でした。

日常生活においても、長時間仕事で立つことが多く、慢性的な腰痛・肩こりは常時あるとの事でした。慢性腰痛・肩こりも坐骨神経痛の症状の原因を特定するのに必要な情報になりますので御来院それと際は遠慮なくお話し下さい。

今回この方の体を全て確認したところ、原因と思われるのは、左の肩関節の硬さと、腰周りの動きが非常に悪く、それが原因で坐骨神経痛の症状が出ている状態でした。

坐骨神経は梨状筋という筋肉が硬くなるから、坐骨神経痛が出てくるとよく言われますが、その原因ももちろんあるのですが、そこと関係してくる場所をどのように見つけ出し施術していくかが非常に大切です。そうすることによって坐骨神経痛の症状の改善が全く変わってくるからです。

今回も、肩周囲、骨盤周囲を調整した段階で、足の痛みが少しずつマシになり最終確認の際には、歩行時にもかなり症状は軽減し左足にもしっかり体重がかかってより良い感じで終わることができました。

これだけ改善するのであればもっと早く来ていればよかったとの声もいただき、本当に嬉しく思います。

こうした方の症状を、1人でも多く改善するため、今後も責任を持って施術を行っていきたいと思います。

今回体験で来ていただいた多くの方は、この施術の流れ・施術の内容にびっくりされ、今まで色々な所で施術を受けて改善しなかった理由もはっきりわかりましたと言われて帰る方が多かったです。

このように色々なところに通ったが、改善しない腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。